本当は 違う事のおかげ

実際の生活の中でも

本当は違うことのおかげなのに、見かけの成果で騙されている例は結構多くある。
例えば、クラスの中での「いじめ」をなくそうと思って、勇気を振り絞って、第一歩の行動とった生徒がいたとする。

そこから派生して他の生徒もいじめをなくす行動を少し取る。

最後の方で、目立ちたがりの生徒が、先生に話をして、いじめ問題が発覚し解決することがあったりする。

先生は最後の生徒を褒める。確かにみんなの協力でなったはずなのに、最後の生徒のおかげになることがある。

ネット広告をコンサルしていると

PPC広告(ネット広告)のコンサルで、広告運用をやっています。
そこで、コンバージョンの成果を上げているキーワードがあるのだが、実は違うキーワードが最初にカスタマーにアピールをしていて、そこからカスタマーが色々と考えて、さらに検索した最終キーワードがコンバージョンにカウントされると言うことがよくあります。

例えばぼんやりと自分の興味のある趣味のブログを見ていたら、そこにイメージ広告のバナーがある。
そのバナーをクリックする。HPサイトに訪れてその後にリマーケット広告が追いかける。
「あーこういう商品があるんだなぁ」と思って、そのキーワードを再検索する。
なるほどそれではもう少し詳しく調べてみようかとなり、複合語でさらに絞ったキーワードで検索。
最終的にはその絞ったキーワード検索の際に、「あーまたこの際サイトがあるな」と感じて、そこから商品を購入する。
そうするとGoogleのアナリティックスは、最終的にコンバージョンの上がったクリニックを成果とする。

もちろん詳しく分析するとアナリティクスには、アシスト機能というのがあるので、もう少し詳しくわかるのだが、最終的に成果があげたキャンペンキーワードがその成績として見える。実は最初の訪問のきっかけを作ったのは、最初のバナー広告なのだが、成果は違う物になるのである。

本当は違う事のおかげ

正確に言うと、本当の事は「直接要因のおかげ」だけでなく、「他の事のおかげでもある」のである。

影に隠れているおかげにいかに気づき、感謝できるか。

「ありがとう」と言った後で、影のありがとうの存在に気づく自分でありたい。これは自分でも出来ていないことが多いので、心がけていきたいものである。

TOCでいう部分最適と全体最適

ちょっと話をTOCに持っていきます。

TOC(制約理論)には、部分最適と全体最適という言葉がある。
部分部分のそれぞれの効率化や段取り、システム化を最適にすることが「部分最適」
全体を見渡して、制約になっている(ボトルネック)に集中して、全体を最適化することを「全体最適」

全体最適を行うことで、成果が上がった時、何が成果を上げた原因でしょうか?

ボトルネック?手伝った周り?

違いますよね。一部分のおかげではないはず。

成果を落としているのも、成果をあげているのも

成果を落としているのは「ボトルネック」のせいではない。

成果を上げたのも「ボトルネック」のおかげでもない。

全て、全体の仕事の流れを俯瞰して、「全体最適」を行う集団のおかげである。

「ボトルネック」を生み出しているのも「全体最適」不十分のせいである。

 

目の前で見える現象が、全ての本当のことを物語っている訳ではないのである。

 

TOCって何?

疑問を感じた人は、ちょっと私たちがやっている「たくらみ屋」をのぞいてみて下さい。

日本を企む、あなたのプロジェクト実現集団

投稿者プロフィール

wabitan
wabitanワビタン代表
ワビタンとして、WEBコンサル、PPCコンサル、TOCコンサルを行う。
「たくらみ屋」の一味としても活躍中。

コンサル依頼